日本ヘラルド映画の仕事
 日本映画界において「日本ヘラルド映画の時代」を築いたその独創的且つ時代を先取りしたクリエイティブを網羅収録。映画本篇の買い付け額とほぼ同額を投じた宣伝写真が話題を呼んだ『エマニエル夫人』の大ヒットは伝説の一部に過ぎなかった。
 映画宣伝に新風を吹き込み続けた日本ヘラルド映画そしてヘラルド・エース、さらにヘラルドの遺伝子を受け継いだクリエーター。
 彼らが送り出し続けたヒット作の多岐にわたる宣伝ビジュアル、その伝説となっている宣伝術と宣材デザイン、クリエイティブを、制作に携わったメンバーの証言とともに一挙に紹介する。
 映画を「配給」するということ、映画を買い付ける行程と妙、映画を宣伝する智恵と技術、映画製作の舞台裏など、映画ファンならずとも興味を惹かれる事柄が、今明らかにされる。陽の当たった作品の下には累々たる屍映画作品群があった。知られざる面白ネタも満載されている。
 時代を創っていった日本ヘラルド映画の仕事は、映画ファンならずとも同じ時代を生きてきた人々ばかりか、初めてその作品を観ることになる若者の心の中にも永遠に残り続けることだろう。
 日本ヘラルド映画の創業者 古川勝巳
 ヘラルド創始者 古川爲三郎